新型コロナウイルス感染対策について

新型コロナウイルス感染症が拡大しております。当院では日頃より診療機器の滅菌をはじめ院内感染対策には力を入れておりますが、下記のような新型コロナウイルス感染症対策を講じております。ご来院頂く患者様が安心して治療を受けられるよう、スタッフ一同取り組んでおります。


・全患者体温測定の実施。発熱ある方は急性症状がある時を除き治療の延期
・新型コロナウイルス感染症に関する問診票の記入
・院内の換気
・待合室の椅子の間隔を開ける
・来院時の手洗い、アルコールによる手指消毒のお願い
・キッズルームの備品の撤去
・常時マスク着用
・ゴーグルの着用
・口腔外バキュームの使用
・次亜塩素酸水による院内の消毒
 

また、患者様にはご迷惑をおかけ致しましたが、4月20日~5月7日まで医院を休診にし、感染対策を再考致しました。

・KN95マスクの着用

・ゴーグルに加えフェイスシールド着用

・ビニールガウンの着用

・3密についての勉強会

・濃厚接触者とは何か、そしてそれに当たらない配慮

・消毒についての再検討

・イソジンによる診察前のうがいの徹底

・院内の飛沫防護対策強化

等々多くのことをスタッフと情報共有し、患者様に安心・安全な歯科医療の提供ができるよう体制を整えました。

もともと、歯科は感染に対して厳しい基準にありましたが、よりいっそう、そして再確認し診療に当たれるように致しました。私自身も学生の頃学んだことを含め再確認するいい機会となりました。

当院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)」の施設基準を満たしておりましたが、それに恥じぬよう診療体制を構築し、患者様はもとよりスタッフも安心な医療現場としていけたらと節に願い、日々精進してまいりたいと思います。

笑顔で来院される患者様を見るととてもうれしくなります。そういう患者様が増えるよう、痛みや不快感をいち早く取り除き口腔内の環境を整え、それを維持していける歯科医療の提供に全力を尽くしてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

2020年05月08日