治療方針

治療方針

方針イメージ

 まず「痛くなく早く噛める状態へ」を目指し治療を始めます。
虫歯一本の治療ではなく、お口の中を全体的に診断し、必要な治療をご説明させて頂きます。その上で患者様とのコミュニケーションを大切にし治療内容を決めていきます。
 治療が終わりましたら、その状態を維持できるよう、予防・メインテナンスへと移ります。従来の虫歯を削って詰めたり、悪い歯を抜いて入れ歯作るというような、悪くなってから初めて通う歯科医院からの脱却を目指しています。歯を守ることで地域に貢献したいと考えています。
 歯科疾患は自己管理だけでは予防できません。歯科医師や歯科衛生士のような専門職の介入が必要です。しかし、歯科医院は『出来れば行きたくない』代表的な場所であり、少しの問題であれば治療を受けずに我慢してしまうことも少なくありません。そこで、痛い・怖いイメージを少なくし、通院しやすい環境を整えて、『あそこに通えば歯を残せて、良い治療を受けられる』という安心・安全・満足をモットーとする歯科医院となり、治療から予防へ、予防から健康維持・管理へと患者様のお手伝いすることを目指しています。

治療の流れ

1.問診・カウンセリング

現在の症状や患者様の治療に対するご希望をお聞き致します。
治療そのものも大切ですが、治療を始めるまでの会話や相談、患者さまの理解が何より重要だと考えています。


2.資料取り

レントゲン撮影などの検査・診察後、現在の状況を詳しく説明致します。
※痛みを伴う場合はまず除痛治療をメインに行います。

3.治療計画の立案

資料を元に私達から患者さまの現在のお口の状態や問題点をお伝えし、改善方法や治療期間等をご説明させていただきます。
患者様のご希望と併せて最善の治療ができるよう、詳しくご説明致します。

4.治療

患者様の同意のもと、安全・確実な治療を行います。
治療に関する疑問・質問などは気軽に医師またはスタッフにお尋ね下さい。

5.定期検診・メインテナンス

治療が完了後は、その状態を維持していくことが大切です。
痛い!と苦しいお顔ではなく、笑顔での再会となるようスタッフ一同、きめ細やかな対応ができるよう精進してまいりたいと思います。

よくあるお問い合わせ(FAQ)